【アイムの家】独立キッチンと2階水回りを採用した完全自由設計の家 | vol.2 独立キッチン編

【今回の訪問者】

もりちゃん

はじめまして、もりちゃんといいます。
下の子も来年は小学校に入学するのでそろそろマイホームをと思い、2019年9月から本格的に動き出しました。家族がいつも同じ空間でゆっくりのんびり、居心地よく過ごせるお家を目指しているのですが、今はまだそれがどんな家なのか模索中です。コミュニティに参加して色々なお家を見学させていただいたり、同じようにマイホームを考えられている皆さんと意見交換、アドバイスいただきながら楽しく家作りの勉強を出来たらと思い参加させていただきました。
よろしくお願いいたします。

つっちゃん

こんにちは、つっちゃんです。現在、主人と子ども(1人)と賃貸の戸建てに住んでいます。築30年の昔ながらのお家なので、綺麗で素敵なマイホームに憧れています。今すぐではないけれど、いずれはマイホームが欲しいなと思っているので、もし家コミュニティに参加して、少しずつ情報収集をしていけたらいいなと思っています♪どうぞよろしくお願い致します。

今回、この日が初対面ともなったお二人が訪問したのは、岡山市北区にある12kWの太陽光パネルを搭載した、5人家族(ご夫婦+お子様3人)で住まわれているHさん邸。プライバシーを重視した独立キッチンや、浴室や洗面室を2階に配置するなど、プライベートとパブリックの切り替えにこだわった、アイム・コラボレーション施工による個性あふれる一邸を存分に体感いただきました。6回連載シリーズの第2回をお楽しみください!

【アイムの家】

独立キッチンと2階水回りを採用した完全自由設計の家

Hさん邸外観 ※入居当時
Hさん邸リビング ※入居当時
Hさん邸キッチン(左)、納戸(右) ※入居当時
Hさん邸 小屋裏収納 ※入居当時

収納たっぷりの独立型キッチンに潜入!

もし家編集部撮影

もりちゃん

わぁ!キッチンとリビングが完全に分離しているんですね!今はけっこうリビングに入るとすぐ対面式とかでキッチンが見える間取りが多いですよね。

奥さま

キッチンとリビングの間に半透明ガラスのスライド扉があって、ここを閉めることで生活感を無くすことができるようにしています

Mさん

本当に収納が多いですね!

奥さん

私は片付けがあまりうまくないので、うまく隠せるようにと(笑)
背面に棚も作ってもらって、ここも半透明ガラスでいろいろ中に収められるようになっています。中も可動棚で動かせるようにしてもらいました

つっちゃん

広いし、何でも収められていいですね!

奥さん

最初は妊娠中に引っ越してきて、その頃はスッキリしてたんですけど、子供が生まれてから本当にどんどんモノが増えて(笑)
キッチンの奥には3畳の納戸も作ってもらいました。今はここにも子どものモノがいっぱい(笑)

Yさん撮影

奥さん

人が来られる前にササッと(笑)

もりちゃん

子どものモノはやっぱり1階に置けるほうがいいんですね

奥さん

幼稚園のモノとかも自分で片付けられるようにしています。今はまだ上手じゃないけど小学校に上がる頃になったらもうちょっと上手くなるかなぁと

つっちゃん

お子様の衣服もここに置かれているんですか?

奥さん

制服だけですね。いつも自分たちでかけています。着替えとかは上で、それを自分たちで持ってきてここで着替えています

つっちゃん

生活感が出てないっていうのが本当にいいですね

もりちゃん

人が来た時にバタバタしないっていう

つっちゃん

逆に、お料理中にキッチンから子どもの様子が見えないのとかは気になりませんか?

もし家編集部撮影

奥さん

特に気になりませんね。育てやすいというか、今までそんなに何か起きたことがないので。むしろキッチンに子どもが入らないでくれるというか、こっちにくるとTVもおもちゃもないので楽しくないから来ないんですよ。どちらかというと火傷とか、そういうのが怖いので。
リビングにいてくれたら怪我することもないし、ある程度広いから、ちょっと走ったりとかできますし。
ただやっぱり赤ちゃんとかは見えないと怖いので、ベビーベッドをキッチンの近くに置いて、赤ちゃんがいる場所を確保したりしていますね。
あと、私があんまりTVとか見ながら料理するタイプじゃなくて、ご飯つくってるときはパパパッと終えてしまいたいので、このキッチンに満足しています

キッチンの設計は旦那さまのアイデア!

もし家編集部撮影

もりちゃん

もともとキッチンはこういう設計にしたい、とかあったんですか?
あるいは相談しているうえで、アイムさんって女性スタッフさんが多いって聞いているので、そういうアドバイスとかで採り入れたんですか?

旦那さん

これね、結構僕が決めちゃったんですよ

もりちゃん

あ、そうなんですね(驚)!
奥様のこだわりかアイムさんの提案か、どっちなのかなぁって思ったんですが。ご主人様だったんですね!

旦那さん

最近の家ではあんまりないんですけど、キッチンとリビングが分かれている家って、昔(80年代ころ)とかって多くて…ドアが付いてて分かれてたり。僕のおばさんの家がそうだったんですけど。
そうすると来客があったときに、お客様がいるスペースとキッチンが分かれてるっていうのは割とキレイだなと思ってて、割とそういう風にしたほうが片付けやすかったりとか、人が来た時にドアを閉めたりできるのでいいんじゃないかなって。
だから対面式キッチンとかアイランドキッチンとかって、例えば片付けたりした後とかが(人に)見えたりとかすると大変なんじゃないかなって思ったんですよ

もりちゃん

あーなるほど。そうですね。訪れた側からもキッチンが見えてしまうので、なんだか入っちゃいけないんじゃないか?とかあまり近寄っていけないんじゃないかなとかって感じたりしちゃうんですけど

旦那さん

そうですね。アイランドキッチンって壁がないので

もりちゃん

全部見えますもんね

旦那さん

対面式キッチンも、リビングがあってその奥に見えるじゃないですか。だから、だいぶ片付けなくちゃ、って感じになるんじゃないかなって思ってて、でまぁウチの場合は奥さんも僕もあまり片付けが得意なほうじゃないんで、だからこう後ろに隠せるドア(収納)があって、その奥に納戸もあればいいかなって

奥さん

片付け上手な方がうらやましいというか

もりちゃん

いえ、でも十分片付いてますよ!

もし家編集部撮影

奥さん

多分、この収納力でそうなった、っていう感じだと思います。見えないところに収めるというか

旦那さん

とりあえず入れておけるっていうのはいいかなって

もりちゃん

しまう場所がないっていうのが一番困りますね

奥さん

入れる場所がなかったら外に出しっぱなしになっちゃうので

もりちゃん

そうなったら片付かないですよね

旦那さん

あと、普通に誰かが遊びに来たときでも、キッチンの奥にまた収納部屋があるってあんまり思わないし

奥さん

人が来てもあんまり見られるところじゃないから助かっています。ホントに「ちょっと収めたいな」っていう時にとても

【今回の2人の感想】

もりちゃん

キッチンとリビングが完全に分かれてるってビックリしました!しかもご主人のアイデアっていうのもビックリ。でも、その理由を聞いて「なるほど!」と思いました!

つっちゃん

生活感が出てない居住空間って本当にいいなと思いました!それを実現できたのも広い収納があってのこそ。収納の大切さが分かりました!

そして次回は独立型キッチンを採用した理由(わけ)をもっと深掘りしちゃいます!>> 次の記事 >> Vol.3 独立キッチンの理由編

【アイムの家】

独立キッチンと2階水回りを採用した完全自由設計の家

※本記事ページでは、読者の皆さんへ見学に訪れた感覚をできる限りそのままお伝えしたいと考えており、会話の内容はほぼ加筆修正せず書き起こし、写真もなるべく加工せず用いています。皆さんもぜひお友達と一緒に訪れた気持ちでお楽しみください。また、掲載の間取りは簡易図となり、実際とは異なります。

「もしも家を建てたなら」では、マイホームの夢を叶えた先輩のお家や、住宅会社・工務店のモデルハウスや完成見学会に訪問して、インタビューをしてくれる皆さまを大募集しています。
お家探しのヒントが見つかるこの訪問・見学に、ぜひお気軽にご参加ください。



HOUSE DATAハウジングデータ

建築面積 118.00㎡(35.70坪)
1F面積 60.45㎡(18.29坪)
2F面積 57.55㎡(17.41坪)
工法 木造軸組工法
家族構成 ご夫婦+お子さま3人
竣工年月 2013年6月

COMPANY DATAこの家を建てた工務店・住宅会社

株式会社 アイム・コラボレーション

住所 岡山市北区今2丁目16-35 [MAP]
電話 0120-1484-99
時間 10:00~18:00
定休 毎週水曜日・年末年初