【アイムの家】独立キッチンと2階水回りを採用した完全自由設計の家 | vol.5 家づくり編

【今回の訪問者】

もりちゃん

はじめまして、もりちゃんといいます。
下の子も来年は小学校に入学するのでそろそろマイホームをと思い、2019年9月から本格的に動き出しました。家族がいつも同じ空間でゆっくりのんびり、居心地よく過ごせるお家を目指しているのですが、今はまだそれがどんな家なのか模索中です。コミュニティに参加して色々なお家を見学させていただいたり、同じようにマイホームを考えられている皆さんと意見交換、アドバイスいただきながら楽しく家作りの勉強を出来たらと思い参加させていただきました。
よろしくお願いいたします。

つっちゃん

こんにちは、つっちゃんです。現在、主人と子ども(1人)と賃貸の戸建てに住んでいます。築30年の昔ながらのお家なので、綺麗で素敵なマイホームに憧れています。今すぐではないけれど、いずれはマイホームが欲しいなと思っているので、もし家コミュニティに参加して、少しずつ情報収集をしていけたらいいなと思っています♪どうぞよろしくお願い致します。

旦那さん

はじめまして、Hです。我が家は2013年に建てました。間取りでいうと3LDKですが、畳コーナー・小屋裏収納・納戸・WICなど、たくさんのアイデアを採り入れてもらった自慢の家です。住み始めてからの見学は初めてですが、お二人の質問に何でも答えます!

今回、この日が初対面ともなったお二人が訪問したのは、岡山市北区にある12kWの太陽光パネルを搭載した、5人家族(ご夫婦+お子様3人)で住まわれているHさん邸。プライバシーを重視した独立キッチンや、浴室や洗面室を2階に配置するなど、プライベートとパブリックの切り替えにこだわった、アイム・コラボレーション施工による個性あふれる一邸を存分に体感いただきました。6回連載シリーズの第5回をお楽しみください!

【アイムの家】

独立キッチンと2階水回りを採用した完全自由設計の家

Hさん邸外観 ※入居当時
Hさん邸リビング ※入居当時
Hさん邸キッチン(左)、納戸(右) ※入居当時
Hさん邸 小屋裏収納 ※入居当時

子どもが生まれてから気づく、あんな事こんな事

お子様が生まれる前、入居当時のHさん夫妻

つっちゃん

お子様が生まれる前にお家づくりを始められたんですか?

奥さん

はい、そうですね

つっちゃん

私も前に住んでたところから、子どもが生まれてまた引っ越すんですけど、子どもがうまれるとやっぱり「あ、ココはこうすればよかったな」とか、そういうのってありますか?
イメージと実際住んでみての違いといいますか

奥さん

そうですね〜…
お風呂が2階にあって、いいにはいいんですけど、子どもが小さい頃はやっぱりちょっと危なくって、勝手に出たり入ったりとかしてしまうとか…

もりちゃん

ちょっと危ないかもですね

奥さん

あと、泥んこで帰って来て、すぐ足とか洗いたいときに上へ連れていかないといけないっていうのはちょっと大変でした。でもそれってホントに小さい頃だけっていうのもあるから、基本的には子どもが大きくなってから自分たちが住みたい家っていうのを重視しました
子どもがいるうちは、子どもの好きなように住みやすいようになればいいなと思っています

旦那さん

僕が思ってるのは、2階の洗面所をもうちょっと大きくすればよかったかなと。今は子どもが3人いて大人も2人なので、今から子どもが小学校中学校高校となってきたら…だいぶ混雑するんじゃないかって(笑)

奥さん

支度が混雑しそうな

つっちゃん

あ!そうですね

旦那さん

で、いろんな家とか見に行くと(洗面が)2人分あったりするじゃないですか。その時は「そんなにいるかな?なんて思ったりしてたんですけど、今では2人分あったほうが楽なんだろうなと
まぁ、でも今はまだ不便は感じてはいません。「もしかしたらな」という感じで

家づくりに関する夫婦の相違。ある?ない?

つっちゃん

家づくりにあたってご夫婦の意見の相違とかってありましたか?

旦那さん

家づくりに関してはウチはちょっと変わってて、僕がアイムさんで仕事ついでに打ち合わせして、それを奥さんに伝えてました

奥さん

だから私はそんなに関わってなくて、キッチンとトイレくらいしか要望はなかったんです

旦那さん

間取りとかは僕が日中に打ち合わせしておいて、帰宅してから奥さんに伝えるっていう感じでやってました。あと、タイルをどうするとか色とか、カーテンとかは奥さんが決めてました。だから特にその辺は意見はハッキリしてたので、揉めるとかはなかったです。揉める方もいらっしゃるようですが…

もりちゃん

私の友達夫婦も二人とも「建てたい家」っていうのがそれぞれあったらしく…遊びに行ったらトイレの壁紙が横と上が全然違ってて…聞いてみたら二人でジャンケンして勝った方が横の壁紙で、負けた方が上の壁紙だったらしく(笑)

奥さん

(驚)! お互い譲れないところがあったんですね!

旦那さん

ウチはそういうのはなかったですね(笑)

自分たちで決めなければならない事とは?

もりちゃん

イメージ的に注文住宅だと、全てを自分たちで決めないといけないっていう大変なイメージがあるんですけど。それがよかったと思うのか、大変だったと思うのか、どちらでしょうか?

旦那さん

確かに決めなきゃならない事がいっぱいあったね

奥さん

うん。決めなきゃならないことはいっぱいあったね。でも提案してもらったことも沢山あったので

旦那さん

「ここはこういう風にしたらどうですか?」みたいな

奥さん

沢山提案してもらったね

旦那さん

そう。「こんな風にしたい」っていうイメージを伝えたら、次の時に「こういう風にしたらどうですか?」と提案してくれる時もありましたし、そういう大きな方向としては教えてくれたりするんですよ。
ただ、例えばコンセントの位置とかを確定させなくてはならないとか、壁紙だったり色々な部材を何にするかとかは自分たちで決めなければなりませんでした。当然キッチンとかはいろいろ見学しました。キッチンは何件も見に行ったよね?

奥さん

3件くらいだったかな

旦那さん

で、そういうときは工務店の方が一緒についてきてくれたりしました

奥さん

そういうときは主人は来なくて、私と工務店の方とで行って

旦那さん

もしかしたら「ウチの会社のこれだけしか使えませんよ」って決まってたほうが、人によっては楽なのかもしれませんが

もりちゃん

あと、実際建ててみて、私の友達からはコンセントの位置をよく見た方がいいって言われますが、実際どうですか?

奥さん

建てる時にイメージしておいた方がいいと思います。ここに何を置くっていう。
ちゃんと想像してないと「ここにあれがあればよかった」ってなるので。これは工務店さんからも言われたよね?

旦那さん

うん。結構そこは提案してもらいました

奥さん

ここに何を置く、とか

旦那さん

だから、今のところ延長コードが必要っていうことがないです

奥さん

そこに困ったことはないですね

もりちゃん

やっぱり延長コードってなると見栄えもあんまりよくないというか。埃もたまったりするし

旦那さん

足元にコンセントを付けたので、鍋をやる時などにとても重宝してますね

奥さん

ミシンやパソコンとかするときも、コンセントは足元のを使います

旦那さん

子どもがいるので壁からだとちょっと怖いですし。
足元にコンセントを付けたのはよかったと思っています。後からは設置できないですし

もりちゃん

足元コンセントってすごいですね

奥さん

キッチンもコンセントはいろいろ想定して付けてもらっています

もりちゃん

なるほど! コンセントって後からここにってなると大きな工事になるでしょうし

【今回の2人の感想】

もりちゃん

コンセントの位置って、やっぱり大切なんだ!と気付かされました!

つっちゃん

やっぱり子どもが生まれてから色々と気付く事があるんだなぁ、と思いました!

そして次回は最終回! 大事な予算・土地、そして気になるアフターの話しまで聞かせてもらいます! >> 次の記事 >> Vol.6 土地探し編

【アイムの家】

独立キッチンと2階水回りを採用した完全自由設計の家

※本記事ページでは、読者の皆さんへ見学に訪れた感覚をできる限りそのままお伝えしたいと考えており、会話の内容はほぼ加筆修正せず書き起こし、写真もなるべく加工せず用いています。皆さんもぜひお友達と一緒に訪れた気持ちでお楽しみください。また、掲載の間取りは簡易図となり、実際とは異なります。

「もしも家を建てたなら」では、マイホームの夢を叶えた先輩のお家や、住宅会社・工務店のモデルハウスや完成見学会に訪問して、インタビューをしてくれる皆さまを大募集しています。
お家探しのヒントが見つかるこの訪問・見学に、ぜひお気軽にご参加ください。



HOUSE DATAハウジングデータ

建築面積 118.00㎡(35.70坪)
1F面積 60.45㎡(18.29坪)
2F面積 57.55㎡(17.41坪)
工法 木造軸組工法
家族構成 ご夫婦+お子さま3人
竣工年月 2013年6月

COMPANY DATAこの家を建てた工務店・住宅会社

株式会社 アイム・コラボレーション

住所 岡山市北区今2丁目16-35 [MAP]
電話 0120-1484-99
時間 10:00~18:00
定休 毎週水曜日・年末年初