W断熱工法で、断熱性能と防音性能の高いお家│施主邸 ルームツアー(後編)

運船建設とアイデアを出し合い実現した、家事や育児に忙しい奥さんに配慮したキッチン回りの家事動線や、子どもの遊び場として大活躍の小屋裏、そしてご主人の趣味の部屋などを紹介いただいた前編に続き、後編ではお家の住み心地や性能面について、Aさんに語っていただきます!

Aさん

【今回のお施主様】
この家の特徴であるW断熱による断熱性能や防音性能、そして漆喰や浮造り(うづくり)の床といった自然素材についてお話しいたします。

W断熱と自然素材を採用したAさん邸 (写真提供:運船建設)
可愛らしい二人のお子さんとAさん夫妻 (写真提供:運船建設)
漆喰ならではの素敵なニッチ (写真提供:運船建設)

断熱性能の高さは冬だけでなく夏も重宝

(写真提供:運船建設)

初谷

お家を案内いただきありがとうございました。
こちらに入居されてからどれぐらいになるんでしょうか?

Aさん

2018年の8月に入居したので、2年ぐらいになります

初谷

ということは2回春夏秋冬を経験されていますよね。住み心地としてはどうですか?

Aさん

この家は断熱にこだわっていまして、通常の充填断熱、それに加えて、外張り断熱のW断熱という工法で作っていただいています。断熱性が非常にいいので、外からの熱気が入ってこなかったりだとか、逆に家の中で温めた空気や、冷やした空気を外に出さないという断熱性、気密性が非常にいいので、年中通して非常に過ごしやすいです。常に春のような過ごしやすい季節で家の中にいるような、そういった住み心地になります

初谷

ものすごく断熱性能が高いですね。断熱性能をどういうところで実感していますか?

Aさん

一番は冬ですね。寝る前にエアコンを消して寝ているんですけど、2階に寝室があって、朝方降りてきてもまだ保温性があって、暖かい状態が続いているっていう、それが一番ですね。かつ、カーテンを開けていれば、日差しから自然と部屋が温められまして、エアコンなしで夕方ぐらいまで過ごせるっていう、本当に夜、食事の前ぐらいからつけ始めて、寝る前までぐらいの時間しか暖房つけないですね

冬でも春のように暖かい住空間

初谷

そうなんですね!では夏場ではどうですか?

Aさん

夏場もエアコンつけると、非常に効きがよくて、部屋がすぐに涼しくなります。今のエアコンって、部屋が冷えたらそこで運転をストップするような、省エネ運転になっていると思うんですけれども、基本的にはエアコンも24時間つけっぱなしにしているのですが、断熱性もよくてそんなにエアコンが働かないので、電気代も非常に安く済んでいますね

初谷

エアコンが効きやすいと、節約にもなるんですね

Aさん

そうですね。ランニングコストで考えたら、やっぱりW断熱にすることによって、初期投資はかかるんですけど、長い目で見たら、これは決して高くない断熱方法なのかなって

初谷

その前に住まわれていたところは賃貸ですか?

Aさん

賃貸アパートに2年ぐらい住んでいました。その前にも独身時代に10年ぐらいプレハブの独身寮に住んでいたんですけれど、やっぱり夏は暑く冬はとても寒い。特に冬はエアコンをつけていても全然効かなくて…1時間経っても10℃とかだったりしたんですよ。そういった時の経験もあったので、家を建てるんだったら断熱性にこだわった家にしたいなっていう思いがありました

Aさん邸のルームツアーは >>こちらからご覧いただけます!

一番家の高い場所にエアコンを設置して家全体を快適に

小屋裏の階段部に設置したエアコン

初谷

夏場の暑さの対策を工夫されたとお伺いしたのですが、どのようなことをされたのでしょうか?

Aさん

先ほどメリットとして「保温性がいい・断熱性がいい」とお伝えしたのですが、どうしても暖気っていうのが2階の方に上がっていくので、2階や小屋裏に暖気が上がってしまって、階段の踊り場の途中ぐらいから急に暑くなってしまいました。2階にある寝室もエアコンをつけていないと、もう暑くて。1階が快適なので余計にちょっと暑く感じてしまうっていう状態になっていました。それが1年目のシーズンで感じたことですね

初谷

なるほど。断熱性能がよいことで、2階の快適性がなくなってしまったということですね。1年目に実感されて、2年目に何か工夫をしたのでしょうか

Aさん

自分で色々と調べまして、暖気は上に上がっていくので、逆に上に上がった暖気を冷やしてやれば、もっと家が快適になるんじゃないかなと思いました。そこで、一番家の高いところ、つまり小屋裏の方にエアコンをつけてみようかなと。暖気を冷やして、かつ冷気っていうのは上から下にどんどん降りてきますので、それで各部屋、居住スペース以外の廊下も含めて全体が涼しくなるんじゃないかなと思って、小屋裏にエアコンを設置しました

初谷

実際にエアコンを付けられて、いかがでしたか?

Aさん

これがもう、とても効果がありまして、寝室なんかエアコンなしでも夜眠ることもできます。最初の実感は、蔵か洞窟にいるような感じで感動しました!小屋裏にエアコンをつけることは元々想定していなかったので、エアコン用の排気ダクト用の穴とか開けていなかったんですけど、それも運船さんにお願いして開けてもらいました

初谷

小屋裏に1台設置しただけなんですよね

Aさん

そうですね。各部屋が本当にエアコンなしで快適に過ごせるようになりました

(写真提供:運船建設)

初谷

家全体を冷やすエアコンみたいな感じになったんですね。奥さまはいかがでしたか?

Aさん(奥さん)

快適ですね。私は暑がりなので寝室も冷房をつけたい方だったんですけど、主人が冷房つけると体調が悪くなる、エアコンの風が苦手なタイプなんですよ。だけど小屋裏にエアコンをつけたら直接風を浴びることがなく、フワッとちょっとひんやり気持ちいい、すごく快適に寝られるようになったみたいです。私も快適な温度ぐらいが保てるので、すごく寝起きもいいですし、子どもたちも熟睡できるようになりました

初谷

オススメできる方法ですね!

Aさん

そうですね。本当に断熱性能あってだと思うんですけれども、ぜひ家の一番高いところにエアコンをつけてもらいたいなと。そうすると非常に快適になります。クーラーの風を浴びると、朝にお腹が痛くなるんですけど、それもなくなりましたね

初谷

冷房に直接あたると喉が痛くなったりしますもんね

Aさん

そうですね。そういうのがなくなったので、非常に快適になりました。朝もパッと気持ちよく目が覚めることができますし、気持ち的にいい気分で仕事に行けます

初谷

一番高いところにエアコンをつけると、断熱性能があれば、しっかりと効果があるということですね

Aさん

その通りだと思います

Aさん邸のルームツアーは >>こちらからご覧いただけます!

次ページは「防音対策にもなる断熱性能」