住んでわかる『こうすればもっと良かった』〜キッチンは一番使う人が使いやすく! │ OB邸ルームツアー(後編)

外からの視線を遮るという機能性とデザイン性を兼ね備えた、モダンなデザイナーズハウスの室内を紹介いただいた前編に続き、後編ではもし家編集部が気になったお家のポイントを、施主のTさんと倉敷ハウジングの吉山社長にお話ししていただきます。動画と記事でお楽しみください!

Tさん

【今回のOBさん】
施主のTです。倉敷ハウジングさんから提案いただいたアイデアと、わたしたち家族の希望の両方を取り入れて完成した、自慢の我が家をご案内いたします。

青空によく映えるモノトーンの外壁
家族のコミュニケーションがとりやすいリビング階段

プライバシーが守られたTさん邸のルームツアーを始めからご覧になりたい方は >> こちらから!

一気に干したい!お母さんの願いが叶うバルコニー

上部が吹抜けになっているリビング階段から2階へ
成長に応じて部屋を増やせる子供部屋

Tさん

2階は今寝るだけなんですよ。
子ども部屋はそれぞれ部屋が要るってなった時のために仕切れるようになってます。今はまだドアも一つしか取り付けていないんですが、もう一つドアを作るときのために壁が抜けるようにしてもらっています。
上の子だけ、もう大きいからすでに別できちんと部屋を作ってますけど

初谷

最初にその想定はちゃんとしておかないと、例えば照明のスイッチの場所とか難しかったりとかっていうのもありますよね

Tさん

そう、考えて付けましたね、確か

初谷

主寝室にはウォークインクローゼットがあって、バルコニーにも出られるようになっていますね。屋根付きのインナーバルコニーとすごい広いワイドバルコニーですね!これは何か活用しようとご要望としてされたんですか?

WICのある8帖大の主寝室
急な雨にも安心なインナーバルコニー
向かって右奥がインナーバルコニー。外からの視線も気にならずにすむ

Tさん

布団を干したり、いろいろ洗濯物干すのに便利だなと思って。南側にもバルコニーがあるんですけど、そこだけだとお布団を一気に干すと、ちょっと足りないんですよ。
子どもが大きくなったら、ちょっとおしゃれにね、テーブルとかをいつか置けたらと

吉山社長

最初の図面では、バルコニーなしで提案したりもしたんです。でもやっぱりバルコニー欲しいなってなって

Tさん

そうですね、最初のプランは平屋で、寝室が下にあったんですよね

プライバシーが守られたTさん邸のルームツアーを始めからご覧になりたい方は >> こちらから!

次ページでは、家づくりの進め方など振り返ってお話ししていただきます!