【スケールクラフト_動画で社長さん宅訪問&インタビュー】リノベとDIYで実現した個性的な住まい(前編)

この企画は、岡山県内にある工務店の社長さんの家やモデルハウスにおジャマして、ふだんなかなか見ることのできない自宅を案内してもらうだけでなく、会社のコト・住宅や土地のコト・そして社長さん自身のコトなどなど…ざっくばらんに聞いちゃう企画です! 動画と記事の両方でお楽しみいただけます!

今回インタビューに訪れたのは、岡山市にある建築設計事務所「スケールクラフト」の社長である赤堀さん邸。
築35年の中古物件をリノベーションしてモデルハウスとして見学会も催すこともある、珍しいコンクリート造の一戸建てです。
社長さん夫妻による本格的なDIYや、味わいのある海外のアンティーク家具など、見所満載のお家を案内してもらい、その後は社長さんにいろいろなお話しを伺います。動画と記事(前・後編)でたっぷりとお楽しみください!

後編は >> こちらからご覧になれます

赤堀さん

【今回の社長さん】
はじめまして、スケールクラフトの赤堀です。
設計士だった父親の背中を見て育ち、設計の仕事をしたくて大学卒業後にハウスメーカーに就職して、2012年にお客様の夢を形にするためスケールクラフト株式会社を立ち上げました。今日はよろしくお願いします。

初谷

【インタビュアー】
初谷といいます。僕自身「もし家」を運営する経営者でもありますので、いつも「もし家」を見てくださっている皆さんの代わりとなって、社長さんにいろいろなお話を聞いてみたいと思っています。

写真提供/スケールクラフト
写真提供/スケールクラフト
写真提供/スケールクラフト

強度・防水性にすぐれたモールテックスの玄関床

初谷

本日はよろしくお願いします

赤堀さん

こちらこそ。よろしくお願いします

初谷

さっそくなんですが、この玄関。普通の素材とは違うような感じがするんですが

赤堀さん

そうなんです。これはモールテックスといって、普通だったらコンクリートだったら、3センチ4センチ厚みが出るんです。それをしないと割れちゃうんですけど、モールテックスというのは2、3ミリの厚さで色んなものに入れられる素材なんです

初谷

そうなんですね

赤堀さん

玄関の床は元々タイルだったんですけど、そのタイルの上にモールテックスを塗っています。玄関から上がったところも元々はフローリングだったんですけど、こういった所も上も塗れるので、こういう質感がでます。いろんな色が塗ることもできるんです

初谷

素材の特徴っていうのは、強度以外にも何かあったりするって事ですか?

赤堀さん

特徴で言うと強度が一番ですね。質感もそうですね。あと、いろんな色が塗れるっていうのが特徴ですね。プールとかの水張ったりとかもできるんです

初谷

じゃあ防水性も…

赤堀さん

はい。高いですね

初谷

なるほど、ありがとうございます。ではお邪魔します

細かい部分までこだわった造作のオリジナル洗面台

リノベーション前(写真提供/スケールクラフト)

初谷

この洗面なんですが、もともと洗面もこの場所にあったんですか?

赤堀さん

そうですね、もともとこの位置だったんですけど、もっと狭くて。
後ろに収納もあるんですけど、横に棚をつけたり。
メインは既製品の洗面所がついてたんですが、それを取り外して一から造作でつくりました

初谷

これ造作で、タイルとか素材とかもご自分で決められてって事ですよね?

赤堀さん

そうですね。この洗面器はTOTOの洗面器で奥行きがすごいあるのと、幅広の洗面台なんで、これが今スケールクラフトで言ったら主流かなっていう

初谷

すごい大きいですね

赤堀さん

大きいです。通常の1.5倍くらいありますね。造作なんで、こういったティッシュとかも棚の中に入れられるようにしたり。細かいんですけど

初谷

あ、ティッシュ箱がその中に入ってるんですね! すごい、何か発明品ですね

赤堀さん

そうそう。大工さんに言ったらすぐ作ってくれるんで。まあ知ってるか知らないか、というか。タイルも好みでいけるし、蛇口、水栓も好みでいけますね

初谷

さっきからずっと気になってるんですけど、御社のこの家のスイッチ。
どこもメタリックな感じでオシャレですよね

赤堀さん

そうですね。これアメリカンスイッチって言って、アメリカのスイッチ。色々な所にこういうステンレスのプレートで、プラスチックのスイッチがついてますね

初谷

照明もすごいオシャレですね

赤堀さん

これはIKEAですね

初谷

IKEAですか、あんまり見たことないです

赤堀さん

IKEAいろいろありますよ

次ページは「この家の一番の見所といえる廊下」